友人に質問されたこと

みなさんこんにちは。まなみです。
今日もお仕事お疲れ様です。私も最近お疲れ様です(笑)
今日もだらだら書いていきますよー

さてさて、最近の話なんですが、友人に一つ聞かれた事があります。
「庶務と総務の違いってなに?」という質問でした。
やってる本人だから当然違いはわかるんですけど、意外と仕事内容の違いって知られていないものなんですね!
今日はそこを詳しく書いてみようかと思います。

まず「総務」とは!

ざっくり書くと、「社員の皆さんにとって、できるだけ働きやすい環境を整える」のが仕事です。
これだけだと分かりづらいかもしれませんが、具体的に書くと、

「労務管理・給与計算」
「設備・備品の購入」
「オフィスの建物管理」
「福利厚生制度の整備」
「社内制度の改善・推進」
「会社主催のイベントの運営」
などです。

どんな業務をしているのわかりやすいのが「給与管理」でしょうか。
労働する人にとって対価として支払われる給与。ミスなどできない責任重大な業務のひとつを総務の担当者が行っています。

総務の人と話をする機会があり給与管理について聞いたら、一昔前は各社員の給料をエクセルなどでに手入力し管理するという超アナログな方法をとっていたこともあるとか。

ちなみに今あげた者はほんの一例で、コンプライアンスの管理だとか出入りの清掃業者を決めたりするのも総務の仕事です。

庶務とは

そして続いて「庶務」ですが、
総務と違ってちょっと地味になります。例えば、
「電話対応」
「来客対応」
「伝票処理」
「小口金管理」
「ファイリング」
「書類・資料作成」
「データ入力」
など、雑務に近い感じですね。

最近あまり聞かなくなりましたがお茶汲みコピーなんかももちろん庶務の仕事でした。

ドラマであった「ショムニ」なんかを見てみると、本当リアルだなーって思います。
あそこまで虐げられてるのはちょっとやりすぎな気もしますけどね(笑)

総務と庶務の違い

そして、総務と庶務の大きな違いというのが、
総務は「総務課」ひとつだけですが、庶務は各部門にそれぞれ配置されているんです。

そして部門ごとに仕事が異なっていて、その部門の上司から仕事を受けてーといった感じです。

皆さん、理解できましたでしょうか?
庶務と総務、言葉は似ていてもここまでやることは違うんですよー。

ちなみに友達にこの説明をしてもなかなか理解してもらえなかったので、ショムニのDVDを借りて来て一緒に見ながら説明してあげました。
そしたら簡単に理解してもらえたので、私の話の下手さが恨めしいです(笑)

庶務は雑用だから簡単な仕事なのかなーと思われがちですが、案外そんなこともないもんですよ。

小間使いみたいに使われる事が多くて、ストレスはかなり溜まります。
その上立場もあまり良くないから強気に発言出来なかったり…ま、私はそこそこ発言してますけどね(笑)

そんな庶務のお姉さんのお仕事の中身の話はまたの機会にじっくり文字数使って書きたいと思いますので、皆さん楽しみにしててくださいね!

それでは今日はこんなところで終わりたいと思います。
お疲れ様でしたー!!!